週刊エコノミスト Online本気で買うマンション

中古のすすめ 下町の庶民派エリアを狙え 南千住、三ノ輪、入谷……=沖有人

    地価が上昇している台東区
    地価が上昇している台東区

     いまマンションを買うなら新築か中古か。私は断然、中古を推す。

     マンションは用地の確保で、ホテルと競合する。ホテルの方が採算がいいため、都心の高層建築が建つ場所ではマンションが建たなくなった。建ったとしても、ペンシルのような細く、総戸数の少ない物件か、前面道路が狭い「二等立地」の物件だ。

     マンションの資産価値は立地で決まる。新築は、1年経過したらすべてが中古になるので、立地の差が如実に資産価値の差になってしまう。立地の悪い新築より、立地のいい中古を選択する人が増えているのは自然な成り行きだ。

     価格の下がり方からいっても、中古の方が有利だ。新築物件の1年後の下落率の平均は、都区部5%、都下・…

    残り1481文字(全文1779文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット