週刊エコノミスト Online本気で買うマンション

中古のすすめ 下町の庶民派エリアを狙え 南千住、三ノ輪、入谷……=沖有人

    地価が上昇している台東区
    地価が上昇している台東区

     いまマンションを買うなら新築か中古か。私は断然、中古を推す。

     マンションは用地の確保で、ホテルと競合する。ホテルの方が採算がいいため、都心の高層建築が建つ場所ではマンションが建たなくなった。建ったとしても、ペンシルのような細く、総戸数の少ない物件か、前面道路が狭い「二等立地」の物件だ。

     マンションの資産価値は立地で決まる。新築は、1年経過したらすべてが中古になるので、立地の差が如実に資産価値の差になってしまう。立地の悪い新築より、立地のいい中古を選択する人が増えているのは自然な成り行きだ。

     価格の下がり方からいっても、中古の方が有利だ。新築物件の1年後の下落率の平均は、都区部5%、都下・神奈川県10%、千葉県・埼玉県15%。中古の1年後の下落率は通常2%で、仲介手数料と合わせると5%になる。つまり、都区部は新築も中古も下落率は変わらないが、それ以外のエリアでは中古を購入した方がいいことになる。

    残り1376文字(全文1779文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事