週刊エコノミスト Online本気で買うマンション

リセールバリュー 都心部ほど資産価値を維持=編集部

    (注)サンプル数確保のため築9~11年の物件を抽出。専有面積30平方メートル未満、事務所・店舗併設の物件は除外。一定数のサンプルを獲得できた駅のみ算出 (出所)東京カンテイ資料より編集部作成
    (注)サンプル数確保のため築9~11年の物件を抽出。専有面積30平方メートル未満、事務所・店舗併設の物件は除外。一定数のサンプルを獲得できた駅のみ算出 (出所)東京カンテイ資料より編集部作成

     新築で購入した物件が将来どの程度の価値で売れるか、は物件選びの重要要素だ。

     不動産調査会社「東京カンテイ」は築10年程度の中古物件の資産価値がどう変化したかを「リセールバリュー」という数値で表している。完工後9~11年の物件の中で、現在流通しているものを駅ごとに抽出。現在の価格を分譲時価格で割った割合をパーセントで示す。リセールバリュー100%超は、分譲時より中古での価格が高いことを示す。

     リセールバリュー1位は、JR山手線原宿駅の173・4%。築10年で70%超の値上がりがあったことを意味する。同駅周辺は高級住宅街である上、新規の分譲が少ないため、中古物件でも希少性があることが原因だ。千代田区や港区でもリセールバリューは高い。JR横浜駅や川崎駅、市川駅など郊外のターミナル駅もリセールバリューが100%を超える。

    残り162文字(全文524文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット