週刊エコノミスト Online勝ち残る・消える大学

学部新設 留学必須の近畿、龍谷、中央 高知、鳥取、宮崎は「地域創生」=小林浩

    (出所)リクルート進学総研
    (出所)リクルート進学総研

    詳しくはこちら

     大学の学部・学科編成は、企業に置き換えれば「商品ラインアップ」にあたる。学部・学科の新設と志願者の動向は、社会環境の変化と連動する。つまり、社会のトレンドを理解する上での一つの指標と言えるのである。

     学部・学科の新設や志願者の動向を最も大きく左右するのは、景気動向だ。表はリーマン・ショックに端を発する景気低迷期に当たる2008~12年と、景気回復期の15~18年を比較し、それぞれの時期にどの学問分野の学部・学科が増加したかを示したものである。景気が悪くなり、大卒求人状況が悪化すると、資格取得が仕事に直結しやすい医療、教育、栄養等の学部・学科の人気が高まる。逆に景気が改善し、大卒求人状況が回復すると、経済、経営、法等社会科学系の、サラリーマン予備軍を輩出する学部・学科の人気が高まることが分かる。

     加えて、昨今は「グローバル化」「第4次産業革命」「少子高齢化」という三つのキーワードに関係する領域の学部・学科が増加している。これらは「学際領域」ともいわれ、既存の「経済学」「法学」といった単独分野では対応できないことから、二つ以上の分野を掛け合わせた複合分野が次々に作られ、新たな学部・学科を生み出しているのである。

    残り1816文字(全文2335文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事