週刊エコノミスト Online勝ち残る・消える大学

データサイエンス 3大学で新学部始動 「金の卵」に先走る企業も=編集部

    滋賀大の3年生は、ゼミで実践的な課題解決を進めている
    滋賀大の3年生は、ゼミで実践的な課題解決を進めている

     ◆滋賀大 トヨタなどと連携実績

     京都と名古屋の中間に位置する滋賀県。開学以来およそ70年にわたり、経済学部と教育学部の2学部体制を続けてきた滋賀大に2017年4月、全国初のデータサイエンス学部が開設された。

     当初から、企業や団体から提供される本物のビッグデータを使うことにこだわってきた。記者が訪れた日は、総務省統計局から出向中の槙田直木教授によるゼミが開かれていた。学生に与えられた課題は「ある公共団体が毎年実施しているアンケートのデータ結果が、突然、変化した年がある。その原因は何か探れ」。学生は、学んだ統計の知識を活用しながら、エクセルで分析していく。槙田教授は「リアルなデータには、想像もつかないような課題が隠れている。学生にとって貴重な経験になる」と話した。

     学部の生みの親は、計量経済が専門の前学長、佐和隆光氏だ。少子化が進む中、国の教育養成学部縮小・廃止方針を受けて危機感を募らせていた佐和氏にとって、新学部の開設は大学の生き残りをかけた挑戦でもあった。

    残り2148文字(全文2583文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事