週刊エコノミスト Online勝ち残る・消える大学

大森昭生・共愛学園前橋国際大学学長 群馬から「飛び立たない」グローバル人材育てる

    大森昭生 共愛学園前橋国際大学学長
    大森昭生 共愛学園前橋国際大学学長

    「学長が教育面で評価する大学」(朝日新聞出版)として、3年連続全国5位。その秘密を聞いた。

    (聞き手=稲留正英・編集部)

     同志社創設者、新島襄が発起人の一人である共愛学園は130年前から英語教育を軸に地元人材を育ててきた。中曽根康弘元首相の母君も当学園の出身だ。群馬県内で初めて高校に英語科を作り、高校の海外留学プログラムも充実しているので、地元では「英語の共愛」と言われている。

     開園100周年の1988年に女子短期大学を設立し、国際教養科を設置した。その後、110周年の99年に現在の4年制大学とし、国際人を育成しようと、全国初の「国際社会学部」を作った。「ほかのどこにもないのだから、全国から多くの応募があるだろう」と考えたが、フタを開けてみれば、誰も来てくれない。定員割れが続き、開学後3〜4年で充足率は64%まで落ちた。この時にカンフル剤として、実用英検2級などの資格取…

    残り1268文字(全文1657文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事