週刊エコノミスト Online日本経済総予測 2020

内需 消費増税の影響は限定的 五輪効果で夏にかけ復調=小林真一郎

    個人消費は持ち直す(Bloomberg)
    個人消費は持ち直す(Bloomberg)

     2020年の景気を展望するにあたっては、消費増税の影響をどう考えるかが大きなポイントとなる。今回の駆け込み需要は、14年の増税時に比べ小規模とはいえ、自動車などの耐久財から日用品まで幅広く発生し、個人消費を押し上げた。この反動により、19年10〜12月期の個人消費は急減する見込みで、実質国内総生産(GDP)成長率もマイナスに陥ることは避けられない(図1)。問題は増税の影響が長引くかどうかである。

     増税後の10月の個人消費の動きを見ると、自動車や百貨店の販売などは駆け込み需要分を上回って減少している。ただし、これは台風19号の影響も受けており、それほど懸念する必要はない。反動減は年内に一巡する見込みで、消費増税をきっかけに景気が腰折れする事態は避けられるであろう。

     個人消費が比較的短期間で持ち直す理由は大きく三つある。

    残り1796文字(全文2160文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット