週刊エコノミスト Online日本経済総予測 2020

焦点2020 ポイント還元 年前半は消費下支え効果 終了の五輪以降は要注意=田中康就

    (出所)三菱総合研究所「生活者市場予測システム(mif)」アンケート調査(2019年10月実施、回答者5000人)
    (出所)三菱総合研究所「生活者市場予測システム(mif)」アンケート調査(2019年10月実施、回答者5000人)

     2019年10月に消費税率が8%から10%へと引き上げられ、増税前には家電など耐久財を中心に駆け込み需要もみられた。20年の消費は、消費税率引き上げに伴う実質所得の低下に加えて反動減が予想されることから、低い伸びになる可能性が高いが、以下に挙げる理由から前回14年の消費税増税後のような消費の低迷長期化は避けられる見込みだ。

     日本銀行によると、14年の消費税増税時の家計負担の増加額は約8兆円であったが、今回は軽減税率や教育無償化などにより約2兆円にとどまる。また、20年6月まで予定されている政府のポイント還元は増税後の消費の落ち込みを一定程度緩和している模様だ。

    残り987文字(全文1271文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット