週刊エコノミスト Online日本経済総予測 2020

五輪景気 閉幕後も堅調な建設・訪日需要 「昭和40年不況」の再来はない=宮嶋貴之

    (注)過去4大会の開催国の建設投資額を開催決定時を100として指数化。カッコ内は五輪開催地。中国、ブラジルは建設業の実質付加価値額の推移で代用 (出所)CEIC Dataよりみずほ総研作成
    (注)過去4大会の開催国の建設投資額を開催決定時を100として指数化。カッコ内は五輪開催地。中国、ブラジルは建設業の実質付加価値額の推移で代用 (出所)CEIC Dataよりみずほ総研作成

     東京五輪による経済効果は、2013年9月の開催決定から約7年間の累積で、建設投資やインバウンド(訪日外国人客)需要の増加を中心に約30兆円規模に上る、とみずほ総合研究所では試算している。実際、開催決定をきっかけに首都圏を中心に交通インフラやホテルの整備・開発が着実に進み、訪日外国人旅行者数も大幅に増加している。

     一方で開催まで約7カ月に迫った今、むしろ「五輪後」の日本経済の行方に関心が集まりつつある。1964年の東京五輪後には「昭和40年不況」に陥ったこともあり、大会終了で景気が後退するのでは、といった心理的不安は根強い。「五輪ロス」は起きるのか。建設投資、インバウンドの状況を検証し、そのリスクについて考察したい。

    残り1636文字(全文1948文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事