マーケット・金融日本経済総予測 2020

アナリスト相場予想 株価 日経平均は一進一退=井出真吾

     2020年の日経平均は変動率がやや大きく一進一退だろう。20年末は2万3000円程度を予想する。19年後半は米中貿易摩擦の緩和期待や、景気の底入れ期待から世界的に株価が上昇した。

     しかし、米中関係は農産品の輸入など合意しやすい分野限定の「部分合意」に過ぎず、米国が重視し中国が抵抗している産業補助金や知的財産権の問題は棚上げ状態だ。

     中国はじめ在庫調整が進んだことで景気が回復に向かう可能性はあるが、V字回復は見込めない。米中を巡る先行き不透明感が根強く、設備投資や雇用など企業心理の急回復は望めないからだ。期待先行で上昇した世界の株式市場は春には現実を意識し、日経平均は2万2000円割れまで調整か。

    残り260文字(全文562文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット