マーケット・金融日本経済総予測 2020

アナリスト相場予想 ドル・円 米中融和で1ドル=120円視野=柴田秀樹

     2019年のドル・円相場は、年間の変動幅が8円程度と2年連続で史上最小を更新する公算が大きい。日本の貿易収支の均衡やリスクオフ(リスク回避のため比較的安全な日本国債などに資金が向かうこと)でも円買いが発生しない直接投資の拡大で値幅が出にくくなったことが一因。20年もこうした状況は続き、米金融政策も据え置きが予想される中、基本的にドル・円の大幅な変動は見込みにくい。

     ただし、政治リスクの後退による想定外の円安はあり得る。20年11月の米大統領選で再選を狙うトランプ大統領が、10州以上の予備選が集中する3月3日のスーパーチューズデーに向けて対中関税を段階的に引き下げれば、「リスクオンの円安」が進みやすい。また、英総選挙での保守党勝利で合意による欧州連合(EU)離脱が実現し、財政出動で欧州経済が下支えされれば、ドル・円にも好材料だ。

    残り190文字(全文559文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット