週刊エコノミスト Online日本経済総予測 2020

焦点2020 自動車 迫る構造不況の足音 自動車依存を問い直す年に=遠藤功治

    (注)大手6社トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、スズキ、マツダ、スバル (出所)筆者作成
    (注)大手6社トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、スズキ、マツダ、スバル (出所)筆者作成

     自動車業界に構造不況の足音が近づいている。2019年度上半期の自動車大手6社の決算はトヨタ自動車とスバルを除く4社が減収、全利益項目で減益。通期ではスバルを除く5社が減収営業減益の見通しだ。日本の自動車大手6社の19年度通期の営業利益見通しの合計は3・7兆円ほどだが、これはピークであった4年前に比べ約30%低い(図)。

     営業利益率・株主資本利益率(ROE)など関連指標は大幅に悪化している。自動車各社の株価収益率(PER)、株価純資産倍率(PBR)といった株価指標が他の業種に比べ相対的に低いのは、主要市場における需要の伸び悩みを懸念しているだけではなく、自動車産業の構造的転換とこれに伴う業界全体の縮小均衡・収益低下を懸念していることが背景にある。

    残り931文字(全文1258文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット