【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online世界経済総予測 2020

割高な米株価 景況感から大きく乖離 つきまとう急落のリスク=新村直弘

2020年も政治に翻弄されるのか(Bloomberg)
2020年も政治に翻弄されるのか(Bloomberg)

 2019年は米大統領選挙を翌年に控え、政治的な思惑が金融市場を大きく動かす年となった。循環的な景気の減速を、政治的な動きが翻弄(ほんろう)したと総括できる。しかし、商品市場から見てみると、投機資金の主戦場である株式市場はやや割高に推移しているように見える。

 図1はS&P500株価指数と米国の代表的な原油であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)価格の前年比変化の推移である。両者は景気に連動して変化するため基本的に似たような動きとなる。

 特徴的なのは、金融政策などの景気刺激策が実施されると、株価は商品以上に反応しやすい点だ。10年以降はS&P500もWTIも全体として上昇したが、株価の相対的な上昇率の方が大きかった。

残り748文字(全文1067文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事