週刊エコノミスト Online世界経済総予測 2020

欧州でもジャンク債バブル 借り入れ比率は過去最高に=中空麻奈

    マイナス金利による収益悪化で、ドイツ銀行は人員削減に踏み切る(フランクフルトの本店)(Bloomberg)
    マイナス金利による収益悪化で、ドイツ銀行は人員削減に踏み切る(フランクフルトの本店)(Bloomberg)

     世界的な低金利が各地で副作用を起こしている。マイナス金利政策を導入している欧州では、大手銀行をはじめ金融機関の収益性の悪化が激しく、2019年に入りドイツ銀行が約1.8万人、英HSBCや伊ウニクレディトがそれぞれ約1万人のリストラ策を相次ぎ発表した。

     一方、高い利回りを求めて社債市場には投資資金が流入し、スプレッド(国債との金利差)が縮小して過熱感が出ている。投資家の勢いに押されて発行市場も拡大し、社債発行量は右肩上がりに増加している。発行体と投資家の双方で現在はバブル的様相が見られる。例えば、欧州鉄鋼大手のアルセロール・ミタルは、格付けがトリプルBマイナスと投資適格の最低水準にもかかわらず、投資家の需要が積み上がり、19年に入って25億ユーロ(約3000億円)の起債をした。

     投資家の間では足元、投資不適格債券(ジャンク債)への投資意欲が広がっている。投資適格債券の価格はジャンク債を上回るのが通常で、価格差の拡大は投資適格債の価格上昇、縮小はジャンク債の値上がりを示す。19年初から世界的に投資適格債の価格上昇が進んだが、8月をいったん天井に価格差は縮小し、ジャンク債への投資意欲の高まりが見てとれる。

    残り607文字(全文1115文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事