週刊エコノミスト Online世界経済総予測 2020

東西ドイツ統一30年 「欧州の病人」から「独り勝ち」も 成長鈍化と国内分断に直面=田中素香

    ドイツの自動車生産もリストラが始まった(Bloomberg)
    ドイツの自動車生産もリストラが始まった(Bloomberg)

     2020年はドイツ統一から30年。当時は「歴史の終わり」「欧州のためのドイツ」と盛り上がったが、ドイツは破綻した東独経済を背負い、インフレ・経常収支赤字・低成長の「欧州の病人」となった。しかし、21世紀初頭からドイツの輸出は急増し、経常収支黒字は年々拡大して経済成長を支え、ユーロ危機の中で「独り勝ち」へ進んだ。それを支えたのは新興諸国の活発な輸入であった。

     00〜12年まで、中国を先頭に新興諸国への輸出は5、6倍に伸びた。グローバル化や原油価格の上昇で潤った新興国は、自動車・生産設備など、ドイツの高度・精密な製品を大量に輸入したからだ。ドイツ企業は新興国で現地生産を拡大し、中国には5000社以上が進出、自動車生産は400万台超と本国を上回った。

    残り2343文字(全文2670文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事