週刊エコノミスト Online世界経済総予測 2020

激変の穀物市場 “米国1強”時代の終わり 在庫率低下で不安定化加速=柴田明夫

ウクライナなどに押される米国のトウモロコシ(イリノイ州)(Bloomberg)
ウクライナなどに押される米国のトウモロコシ(イリノイ州)(Bloomberg)

 かつてトウモロコシといえば米国が圧倒的シェアを持つ作物だった。米国は2007/08年度(07年後半~08年前半)の世界のトウモロコシ生産の4割強、輸出の約6割を占めていた。しかし、ここ10年そのシェアは低下している。米農務省によれば、19/20年度の世界トウモロコシ生産量11億トン強のうち米国のシェアは31%にとどまっている。世界のトウモロコシ輸出量も米国のシェアは28%まで低下した。世界の小麦市場でも生産・輸出国の分散化が進んでいる。

 現在、米国はかろうじて世界最大の穀物生産・輸出大国の地位を維持しているが、いまや世界の穀物市場で米国1強時代は終わりを告げようとしている。代わって生産大国として台頭してきたのが中国、ブラジル、アルゼンチン、ウクライナなどだ。

残り2166文字(全文2500文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事