【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融THE MARKET

ドル・円 円安方向の可能性=佐々木融

 米中間の貿易交渉は第1段階の合意が成立した。また、英国の総選挙では与党・保守党が単独過半数を確保し、欧州連合(EU)離脱についてはジョンソン英首相がEUと合意した協定に沿った形で離脱に向かう見通しだ。2019年の市場を不安定にした二つの大きな国際政治の動きが年末に一定の進展・落ち着きを見せたことで、20年に向けて明るい兆しが見え始めた。

 貿易量で加重平均した日本円の実効レートは、2年続いたリスクオフ相場を背景に上昇してきた。しかし、足元は製造業の景況感指数なども世界全体で改善しつつあり、20年には円安方向に向かう可能性が高まると考えられる。

残り154文字(全文428文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事