【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント ブラジル銀行貸出金利(12月27日) 金利の低下が景気回復を下支え=神戸雄堂

(出所)ブラジル中央銀行
(出所)ブラジル中央銀行

 ブラジル中央銀行は12月27日、11月の銀行貸出金利を公表する。中央銀行は7月から4会合連続の利下げを実施し、政策金利は過去最低の4.5%を記録している。利下げによって銀行貸出金利も足元で低下しており、経済への好影響が期待される。

 ブラジルでは近年、消費者ローン市場が拡大しており、日常的に「ペイロール・ローン」という、元利金を毎月の給与から天引きして返済する消費者ローンが利用されている。したがって、企業の設備投資に加えて、GDP(国内総生産)の約3分の2を占める民間消費も貸出金利の動向に影響を受けやすくなっている。

 ブラジル経済は2015、16年とマイナス成長に陥った後、17、18年はプラス成長となったが、成長率は1%強にとどまり、19年も1%前後と予想される。しかし、19年7~9月期は民間部門の消費や投資など内需に回復の兆しが見られ、貸出金利の低下がその一因と考えられる。足元の利下げを反映し、貸出金利がさらに低下するため、先行きも成長が加速していくことが期待される。

残り246文字(全文687文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事