マーケット・金融世界経済総予測 2020

マーケット予測 米国株 企業業績は好調維持=広木隆

(出所)ブルームバーグ
(出所)ブルームバーグ

高値 3万1000ドル(12月)

安値 2万7000ドル(3月)

 2020年の米国株式市場を考える上で重要なポイントは三つ。まず米景気がどうなるか、次にその景気に大きな影響を及ぼす米中対立の行方、そして大統領選である。

 足元の米国景気はISM製造業景況指数に代表されるように企業の景況感が悪化しているが、労働市場は依然堅調で消費を支えている。米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和的なスタンスもあり20年…

残り302文字(全文502文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事