テクノロジー2020 注目の技術&産業

電池 災害・停電時、再エネ自家消費 家庭用蓄電池が新市場に=鷹羽毅

    (出所)編集部作成
    (出所)編集部作成

    関連銘柄 旭化成、昭和電工

     リチウムイオン電池は1991年の商品化からもうすぐ30年を迎えようとする。今日多くの機器・装置を動かすパワーとなっており、今後も用途は拡大するだろう。富士経済の調査によると、2022年のリチウムイオン電池の世界市場は17年比2・3倍の7兆3914億円に達する。19年に旭化成名誉フェローの吉野彰氏がリチウムイオン電池の開発に貢献した功績でノーベル化学賞を受賞するなど、日本企業が関連産業で強みを持つ。

     リチウムイオン電池は主に、正極材、負極材、電解液、セパレーターで構成される。電源につなぐと、金属酸化物でできた正極からリチウムイオンが抜け出し、電解液を通って負極に到達し蓄積される(充電)。装置・機器のスイッチが入ると負極からリチウムイオンが放出され、電解液を通って正極に移動(放電)し、電池のエネルギーとなる(図)。

    残り1723文字(全文2097文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事