マーケット・金融金が上がる

貴金属 暴騰続けるパラジウム 慢性的な供給不足が影響=池水雄一

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     金価格が上昇する裏で、金をはるかに上回って値上がりしている貴金属がある。それがパラジウムだ。今年2月27日には1トロイオンス=2866・2ドルと過去最高値を付け、1年間で価格は倍以上に暴騰している。パラジウムは一般には聞き慣れないかもしれないが、プラチナと同じ白金族であり、金、銀、プラチナとともに先物市場に上場された四つの貴金属の一つである。

     金価格の上昇理由は「投資家の買い」によるところが大きく、実需はマーケットにほとんど影響を与えていない。しかし、パラジウムやプラチナは、金とは正反対に純粋な「需給」が価格に大きく影響する。プラチナはここ数年で供給過剰になる年が多く価格も低迷しているが、パラジウムは需要に比べて供給が圧倒的に足りておらず、供給不足は10年間も継続している。

    残り859文字(全文1201文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事