週刊エコノミスト OnlineTHE MARKET

今週のポイント 6月の労働力調査(7月31日) 休業者の動向に注目=上野剛志

    (出所)総務省統計局「労働力調査」よりニッセイ基礎研究所作成
    (出所)総務省統計局「労働力調査」よりニッセイ基礎研究所作成

     7月31日に6月の労働力調査が公表される。今年2月以降の新型コロナウイルスの感染拡大に伴って国内景気は急速に落ち込んだものの、5月の完全失業率(季節調整値)は2.9%、完全失業者(同)は197万人とそれぞれ1月から0.5ポイント上昇、33万人の増加にとどまっている。雇用制度に違いがあるため単純な比較はできないが、米国の失業率が2桁に急上昇しているのとは対照的だ。

     ただし、楽観はできない。なぜならサービス業を中心に休業者が急増しているためだ。休業者とは雇用は維持されているものの調査期間中に仕事をせず、給料だけが支払われている状態の人などを指す。5月の休業者は423万人と4月の597万人からは減少したものの、前年比では274万人増の高い水準にある。

    残り368文字(全文695文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事