マーケット・金融マーケット総予測 2021

「新常態」を買う テレワーク、EC、地方移住、オンライン診療=小林大純

    進むテレワーク
    進むテレワーク

     コロナ禍がさまざまな社会変化をもたらした。テレワークや電子商取引(EC)の拡大、地方・郊外への移住、オンライン診療の規制緩和などが挙げられる。

     これらに関連する企業の中には、緊急事態宣言が発令されていた2020年4~6月期に業績を大きく伸ばす一方、宣言解除後の7~9月期にいったん需要が落ち着いたことで、足元の株価が調整を強いられているケースが少なからずある。また、最近の株式市場では新型コロナウイルスのワクチンの普及期待に伴い、コロナ禍のダメージが大きかった業種に投資資金が向きやすくなっている。

     ただし、冒頭述べたような社会変化はコロナ禍で一時的に生じたものでなく、従来あった流れが加速したに過ぎないと指摘する識者は多い。とすると、関連企業は中長期的な成長が期待でき、現在の株価調整局面は買い場とみることも可能だろう。

    残り865文字(全文1227文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事