マーケット・金融マーケット総予測 2021

日本株の行方 31年ぶり3万円超え 中国向け輸出が加速=小髙貴久

    詳しくはこちら

     野村証券では、日経平均株価は2021年12月末時点で2万8000円、高値としては3万500円を見込んでいる。3万円超えは31年ぶり。米国大統領選挙という不透明要因がなくなったことに加えて、企業業績の改善が株価上昇を予想する主因だ。

     21年前半では中国の景気回復に伴って輸出や生産が回復し、足元では日本国内の製造業における在庫調整も終えて出荷が増えてくるタイミングに入った。新型コロナウイルス発生から1年を超えて、コロナ禍の環境下での経済活動や生活が定着するのかを株式市場が見極める年になるだろう。

     日経平均は20年3月19日につけた年初来安値(1万6552円)から11月17日に29年ぶりとなる2万6000円台を回復した「V字型」の上昇を経て、コロナ環境の定常化への流れの中でボラティリティー(変動率)が低下していくとみている。

    残り1025文字(全文1397文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事