マーケット・金融円高が来る!

通貨不信 高値維持し続ける金価格 “目減り”するドルの価値=小菅努

    金が再び上昇する条件は続いている(2020年7月、ロンドン)(Bloomberg)
    金が再び上昇する条件は続いている(2020年7月、ロンドン)(Bloomberg)

     昨年8月に史上最高値を更新し、1トロイオンス=2000ドルを突破した金価格。昨秋以降は値を下げたものの、今年1月時点では前年同期比で約2割高となる1トロイオンス=1800~1950ドルの高値を維持している。米国の長期金利から期待インフレ率(市場が見込むインフレ率)を差し引いた実質金利が依然としてマイナス1%近辺で推移しており、実質的に米ドルの価値が目減りしていることが高値の背景にある。

     今年の年初には米長期金利が1%の節目を突破したことで、金売り・ドル買いが瞬間的に膨らむ場面もみられた。コンピューター・プログラムによる自動売買を行うアルゴリズム系ファンドの損切りが誘発された模様で、1月12日の週に大口投機筋の金買いポジションは、前週比で約1割減少している。しかし、長期金利と同時に期待インフレ率も大きく上昇し、金市場が重視する実質金利の上昇は回避されている。ドルにとって弱気、金に…

    残り812文字(全文1207文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事