週刊エコノミスト Online言言語語

新聞から言葉をえぐる(10月2~7日)

    「最も大きな当社の問題は、経営層と現場の間の断絶だった。心から責任を痛感している」=10月2日付『読売新聞』

     三菱電機の柵山正樹会長が、鉄道車両用機器などの検査不正を受けて辞任。経団連副会長も退任した。柵山氏が記者会見で。

    「度重なるケガがあり、(横審が求める)理想の相撲ができなくなったのは反省しているし、自分も残念に思っている」=2日付『毎日新聞』

     現役を引退した大相撲の元横綱・白鵬=写真=が会見し、約20年間の土俵人生を振り返って「全部出し切りました」と語った。横綱審議委員会から取り口に関し苦言を受けたことについて。

    残り1499文字(全文1761文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事