【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

法務・税務

メインターゲットは海外資産に無申告

 税務調査が年々厳しさを増している。相続税や法人税では過度な節税策に次々と手が打たれ、暗号資産などで得た所得の無申告の捕捉にも力を入れる。税務調査の最新情勢に迫った。

 

 税務調査は国外財産額や国外所得額が大きい順にメスが入る傾向がある。その際は、経済協力開発機構(OECD)によるCRS(Common Reporting Standard=共通報告基準)情報を活用した調査が急増している。>>記事はこちら

 

 コロナ禍の間に副業が認められるようになったが、個人で事業をする場合は申告漏れに注意が必要だ。>>記事はこちら

 

 国税庁が所得税で「副業収入が300万円以下なら雑所得」としていた通達改正案へのパブリックコメントで批判が殺到。その結果、収入額でなく「事業の帳簿書類の有無」を主な判定基準とすることに見直された。>>記事はこちら

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事