マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 海外投資家の買い戻し本格化=三井郁男

日経平均(2017年10月6日~18年9月28日)
日経平均(2017年10月6日~18年9月28日)

 株式市場は、海外投資家が買い越し基調に転換したことで、日経平均株価は27年ぶりの水準まで回復し、年初来高値を更新した。短期的な過熱感はあるが堅調な展開が見込まれる。

 米中の貿易戦争は、第3弾の追加関税が発動され、収まる気配はない。懸念されていた日米通商交渉は、首脳会談で日米物品貿易協定(TAG)の交渉入りで合意。交渉中は自動車への追加関税の発動は回避されたが、年明けからの本格交渉は楽観できない。

 国内経済は、7~9月期は異常気象や地震など自然災害が重なり、工場の操業停止や物流に障害が発生し、生産や消費に影響が出た。訪日外国人の増加ペースも減速し、貿易摩擦による輸出の減少などマクロ面では厳しい状況が続いた。10月1日発表の日銀短観では堅調な設備投資意欲は確認できたが、10~12月期に成長軌道に戻れるかは、貿易戦争の沈静化や内閣改造後の新たな経済対策がポイントになる。

残り463文字(全文851文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月20日号

日本株 沸騰前夜14 東証新指数「トヨタ外し」が好材料 新NISA控え先回りする外国人■浜田健太郎/和田肇17 インタビュー 草刈貴弘 カタリスト 投資顧問ファンドマネジャー18 バフェット氏の商社株買い 総会で「さらなる投資」に意欲■尾藤峰男20 CFOに聞く1 インタビュー 鉢村剛 伊藤忠商事副 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事