週刊エコノミスト Online私鉄大手

インバウンド 観光地と空港アクセスで稼ぐ=梅原淳 攻める私鉄

     大手私鉄では2017年度以降、新たな特急車両を投入する動きが続いている。東武鉄道の「リバティ」(浅草─東武日光など)、小田急電鉄の展望席ロマンスカー「GSE(Graceful Super Express)」(新宿─箱根湯本など)といった有料特急のほか、特急料金不要の京阪電気鉄道も有料座席車両「プレミアムカー」(淀屋橋─出町柳)をデビューさせた。

     今後もこの動きは続く。西武鉄道は19年3月に「ラビュー」(池袋─西武秩父)を、近畿日本鉄道は大阪難波─近鉄名古屋間に20年春、「新型名阪特急」をそれぞれ投入する。

    残り2211文字(全文2467文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事