週刊エコノミスト Online私鉄大手

新線建設 混雑緩和へ国・自治体主体に=佐藤信之 攻める私鉄

    複々線化が完成した小田急電鉄
    複々線化が完成した小田急電鉄

     東京や大阪のような大都市では、国がほぼ10年ごとに鉄道網のマスタープランを作成してきた。鉄道網の審議は、1955年の都市交通審議会から始まり、現在では東京圏のみ交通政策審議会が答申している。さらに東京以外の都市圏では、地方の運輸局に設置された地方交通審議会が、鉄道ほか公共交通全体のあり方を審議している。

     審議会では、都府県境を越える流動量を予測し、輸送に必要な鉄道網を計画的に整備するという目的があった。しかし現実には、関係自治体や鉄道事業者がそれぞれ要望を出し合い、審議会はそれらを調整する場へと機能が変わっていった。

    残り2249文字(全文2511文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事