週刊エコノミスト Online私鉄大手

インタビュー 小田急電鉄・星野晃司社長 複々線を核に沿線価値向上 攻める私鉄

    小田急電鉄・星野晃司社長
    小田急電鉄・星野晃司社長

     私鉄経営は沿線の魅力づくりやインバウンドが今やカギだ。代々木上原(東京都)─登戸(川崎市)の複々線化完成や箱根エリアのテコ入れに取り組む小田急電鉄の星野晃司社長に取り組みを聞いた。

    (聞き手=稲留正英/米江貴史・編集部)

     大手私鉄各社の今の動きをみると、沿線価値の向上を大きなテーマにインバウンド(訪日外国人客)への対応を組み合わせ、「いかに使ってもらうか」に取り組んでいる。ビジネスや観光など、どれに重点を置くかで特色が出てくる。

     当社はビジネスや、箱根・江ノ島の観光、インバウンドといろいろな要素を持っている。例えば箱根や江ノ島は魅力が詰まったコンテンツだ。新宿はインバウンドに魅力的な街だ。これらの要素を生かしていくのが我々の戦略だ。

    残り1266文字(全文1586文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事