週刊エコノミスト Online私鉄大手

競合区間に見るJR vs.私鉄 首都圏 空港輸送でつばぜり合い=佐藤信之 攻める私鉄

    京浜間でJRに対抗する京急
    京浜間でJRに対抗する京急

     首都圏でJRと私鉄が並走する区間はいくつかあるが、ごく至近距離で競合している路線は、成田と東京都内を結ぶJR総武線と京成電鉄だろう。どちらも100年以上前の開業以来の因縁がある。

    京浜間はJR優位

     東海道線は1872年、新橋─横浜間の開業に始まり、89年には神戸までつながった。

     特に重要な区間の京浜間では、私鉄の大師電気鉄道(現在の京浜急行電鉄)が99年、川崎大師(川崎市川崎区)の参拝客輸送を目的に六郷橋(同区)と大師間で開業。順次路線を延ばし、1905年には品川(現・北品川)と神奈川(同・横浜駅付近)間を結ぶ都市間路線となった。

     かたや東海道線では、14年の東京駅開業に合わせて東京と横浜の間に専用の複線が新設され、電車が走り始めた。現在の京浜東北線電車の始まりである。その後25年に中長距離列車の専用線を電化した。

    残り1019文字(全文1381文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事