週刊エコノミスト Online私鉄大手

大手私鉄14銘柄 中長期的な成長性を見極める動き=小林大純 攻める私鉄

     大手私鉄14グループの株主は、沿線住民を中心とした個人が多く、値動きも相対的に落ち着いている印象だ。各社とも乗車券やレジャー施設の割引券といった株主優待を導入しており、人気を集めていることが背景にある。

     とはいえ、東京都は2025年(23区部でも30年ごろ)をピークに人口減少に転じるとみられており、鉄道事業の先行きも決して楽観できる状況にはない。株式市場では中長期的な成長性を見極めて銘柄選別する動きがある。

     小田急電鉄では今年3月、代々木上原(東京都渋谷区)─登戸(川崎市)の複々線化が完了した。通勤・通学ラッシュ時の混雑緩和や所要時間を短縮する効果が早速出始めているようだ。首都圏では相互直通運転も増えているが、利便性の向上とともに沿線人口の増加につながる可能性があるため、こうした取り組みに注目したい。

    残り1376文字(全文1732文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事