週刊エコノミスト Online私鉄大手

私鉄大手16社なんでもランキング 収益性では首都圏優位=編集部 攻める私鉄

    各社の主要路線の混雑率
    各社の主要路線の混雑率

     16社それぞれが個性を放つ大手私鉄。ルーツが公共企業体で東京都心部を網羅し、ビジネス利用が圧倒的な東京メトロを除けば、いくつかの共通項が見えてくる。

    「利用者が多いほど入りが多い」のは経営の常だが、私鉄でもその原則は当てはまるようだ。だが営業収益が高い割には、輸送人員は低い私鉄もある(図1)。例えば近鉄の営業収益は東京急行よりわずかに高いが、輸送人員は半分をやや下回る。京成や南海も同様の傾向を示す。

     東急と同じような傾向を示すのが、東京メトロと京王だ。規模は小さいが、阪神や相鉄も同様だ。

    残り325文字(全文571文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事