法務・税務稼げる特許・商標・意匠

漫画・小説のグッズ化・映画化 著作権譲渡でも契約条項に留意

 著作権に関しては、契約書の文言が不十分であるためにトラブルとなるケースは多い。

 たとえば、A社が、自社のウェブサイト上に、自社の商品に関する漫画を連載しているとする。その漫画の著作者である漫画家のB氏との間では、「漫画の著作権をA社に譲渡する」という文言の入った契約書を締結している。やがて、漫画に人気が出てきたため、A社は、その漫画に登場するキャラクターのグッズを制作して販売しようとした。ところが、B氏側から「待った」がかかった。

 A社は、「『漫画の著作権を譲渡する』という契約書を締結しているし、きちんと報酬も支払っているのだから、B氏の承諾を得ずともキャラクターグッズ化は可能なはずだ」と考えたのである。しかし、著作権法上、B氏の承諾がなければキャラクターグッズ化は問題がある。

残り660文字(全文1004文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事