法務・税務稼げる特許・商標・意匠

アマゾン、アップルへの提訴も 世界の知的財産訴訟は複雑化=小林誠

おなじみの「アマゾンエコー」も提訴された(Bloomberg)
おなじみの「アマゾンエコー」も提訴された(Bloomberg)

<注目事例7>

 日本の特許侵害訴訟は年間200件にも満たないが、グローバルな視点に立てば、各国で多くの訴訟が行われており、高額な損害賠償額が認定されることも多い。

 例えば、米アップルと韓国サムスン電子の間で続いていたスマートフォンに関する訴訟合戦がある。一連の訴訟は2018年6月に和解に至ったとの報道があったが、特許権だけではなく、商標権、意匠権の侵害なども含む複合的な知的財産侵害訴訟であった。世界各国で繰り広げられていたが、最終的には米国における二つの訴訟に収斂(しゅうれん)され、一方は連邦最高裁まで争われた。

 地裁の陪審評決では、アップル側の勝訴で約10.5億ドル(約1190億円)の損害賠償が認められた(最終的には連邦最高裁を経て再審理の結果、約5.4億ドル〈約610億円〉に減額)。さらに間接的な事業への影響として、地裁の評決後、アップルの株価は過去最高(当時)を更新したのに対して、サムスンの株価は7.5%急落 (韓国市場)している。知的財産侵害は、損害賠償額だけでは測れないインパクトがあるといえる。

残り1910文字(全文2369文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事