週刊エコノミスト Online世界経済総予測2019

エコノミストが選ぶ注目の3テーマ 大槻奈那 マネックス証券チーフ・アナリスト

(1)米FRBの動向

(2)英EU離脱の日程変更

(3)クレジット市場の動揺

 米国は政策金利の引き上げがどこで終了するかが焦点となる。いまや市場の焦点は景気後退のタイミングに移っている。中長期金利は上がりにくく、引き続き長短金利差が市場のテーマになり得る。経験則に学んでいるFRBはうまく切り抜けるかもしれないが、市場がコンセンサスの2020年よりも早い段階での景気後退入りを織り込み、弱含む可能性も否定できない。

 市場のセンチメントが悪化している局面では、企業収益に直結しないイベントで株価が暴落するリスクもある。18年中、米中貿易摩擦で株式市場が振り回されたのも、景気への不透明感の表れだ。19年は欧州問題、特に3月末に控えた英国のEU離脱の行方が市場を左右する可能性がある。予定通り3月29日に離脱するのがメインシナリオだが、予定にブレが生じれば、市場は動揺するだろう。

残り306文字(全文692文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事