マーケット・金融THE MARKET

NY市場 2018年末にかけて下値を試す場面も=堀古英司

     G20の米中首脳会談では90日間の報復関税の棚上げで合意したものの、引き続き先行き不透明感の残る結果となった。世界的な景気減速の懸念から、株式相場は2018年12月に入っても軟調推移となっており、主要株式指数は年初来パフォーマンスで下落に転じている。これは、株式投資による過去1年の含み益がなくなり、含み損が生じていることを意味する。

     年末は節税を意識するタイミングであり、含み損がある銘柄については損失確定することが理にかなっている。近年、株式指数に連動する運用(インデックス投資)の割合が高まっていることも勘案すると、個別株だけではなく、インデックス連動の上場投信などに幅広く損失確定の動きが広がり、相場の重しとなっている可能性が高い。含み損が大きくなればなるほど、損失確定の動機も働くため、年末にかけて下値を試す場面を覚悟する必…

    残り109文字(全文477文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事