マーケット・金融THE MARKET

穀物 大豆、トウモロコシは下落=茅野信行

     2018年11月の米中首脳会談後に、中国政府は400万~500万トンの米国産大豆を買い付けるよう指令を出したといわれる。穀物に関して、中国政府が特別な関心を寄せているものが二つあり、一つは大豆油の価格、もう一つは大豆の価格水準である。大豆価格はこのところ供給過剰で、1ブッシェル=8ドルへ近づいている。

     18年、米国ではトウモロコシと大豆が豊作になったが、順調な供給を保証してはくれなかった。平年なら乾燥した天候になる秋に雨が多く降ったため、トウモロコシの乾燥が遅れた。新穀トウモロコシの出回りを待ちかねていた加工業者は、安い新穀を買いそびれ、トウモロコシも大豆も値上がりした。本来なら安くなるはずの新穀が高値になるという、想定外の事態が展開した。19年初は、トウモロコシも大豆も、若干、値下がりするの…

    残り30文字(全文382文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事