マーケット・金融ザ・マーケット

欧州株 ブレグジット問題が重荷=岡本佳佑

     欧州株相場の2018年を振り返ると、予算案を巡るイタリアと欧州連合(EU)の対立、英国のEU離脱(ブレグジット)交渉の遅れなど、主要国で政治が混迷し、軟調だった。また、欧州景気の減速に加え、米中貿易摩擦の激化を一因とした資本財分野などの企業業績の下方修正も株価を下押しした。

     19年は欧州株の上昇に期待したいが、楽…

    残り226文字(全文384文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月26日号

    為替でわかる世界経済20 ドル・円の膠着生む 米1強とリスクオフ ■大堀 達也22 割安で放置されるドル 進まない円安 ■高島 修24 予想実質金利が示す円高進行 ■内田 稔26 「1ドル=114円」程度まで円安は進む ■佐々木 融28 為替予想で覚えたい プロが重視する5つの指標 ■市川 雅浩  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット