マーケット・金融THE MARKET

長期金利 追加緩和のリスクも=小玉祐一

     2019年は日銀のイールドカーブ・コントロール(長短金利の操作)の持続性が問題となりそうだ。国債市場が些細(ささい)な材料で乱高下するなど、機能不全が再び深刻化している。銀行経営にもダメージが蓄積されつつある。とはいえ、微修正を行うたびに他の政策を付加して金融緩和の強化に見せかける手法(18年7月の方法)や「…

    残り236文字(全文392文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット