マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 米国GDP(1月30日) 2%台半ばに低下の見込み=窪谷浩

    米国の実質GDP成長率(寄与度)
    米国の実質GDP成長率(寄与度)

     1月30日に米国で2018年10~12月期GDP(国内総生産)が公表される。実質GDP成長率は、4~6月期に前期比年率4.2%増、7~9月期も同3.4%増と、2四半期連続で高成長となった。

     7~9月期を需要項目別にみると、外需の成長率寄与度が2.0%ポイント減となり、成長率を押し下げたほか、設備投資が前期比年率2.5%増にとどまり、前期の同8.7%増から大幅に伸びが鈍化した。さらに、住宅投資は同3.6%減と3期連続のマイナス成長となった。

     一方、在庫投資の成長率寄与度が2.3%ポイント増と在庫の積み増しが成長を大幅に押し上げた。また、個人消費は前期比年率3.5%増と前期の同3.8%増に続き好調を維持した。

    残り708文字(全文1015文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月14日号

    コロナ不況 残る会計士 消える税理士14 大量リストラの再来も 高まる“キャリア不安” ■岡田 英/浜田 健太郎17 監査法人の交代 トーマツ、監査先の選別が鮮明 ■伊藤 歩18 「決算」で見る監査法人 「東芝粉飾」の新日本は後退 ■伊藤 歩23 不正会計「摘発」 粉飾発見ソフトにAI搭載 ■細野  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット