法務・税務進化する弁護士・会計士・弁理士

士業からの起業 弁護士編 伊澤文平クラスアクション社長

     弁護士になったばかりの頃、詐欺などに遭ったが被害額より弁護士費用の方が高いために依頼を受けられず、歯がゆい思いをした。例えば、浄水器詐欺で10万円程度の被害に遭っても、弁護士費用は30万円はかかるため、断念せざるを得ない。こうした「少額被害者」は年間約16兆円分存在すると言われるが、救済されることなく放置されているのが現状だ。

    残り1076文字(全文1241文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット