法務・税務進化する弁護士・会計士・弁理士

士業からの起業 弁護士編 伊澤文平クラスアクション社長

    集団訴訟のサイト運営、費用軽減で泣き寝入り防ぐ

     弁護士になったばかりの頃、詐欺などに遭ったが被害額より弁護士費用の方が高いために依頼を受けられず、歯がゆい思いをした。例えば、浄水器詐欺で10万円程度の被害に遭っても、弁護士費用は30万円はかかるため、断念せざるを得ない。こうした「少額被害者」は年間約16兆円分存在すると言われるが、救済されることなく放置されているのが現状だ。

    残り1053文字(全文1241文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事