週刊エコノミスト Online進化する弁護士・会計士・弁理士

弁護士編 破綻する法科大学院 「5年コース」で復活期す=村山治

    「いまや破綻状態。何が目的だったのかも、みな(関係者)が思い出せなくなった」──。日本の法科大学院(ロースクール)の制度設計にかかわった当時の法務省幹部(現弁護士)は1月中旬、都内の法律事務所で、深いため息をついた。

     司法制度改革の一環で2004年に設置された法科大学院は入学志願者数が11年連続で減少(図)。不採算を理由に募集停止や撤退に追い込まれる学校が相次いでいる。その数は、ピークだった07年度の74校から18年度には53校まで減り、うち学生を募集したのは39校にとどまった。

    残り2464文字(全文2706文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月3日号

    勝ち残る 消える 大学16 中小私大の「大量淘汰」前夜 日大7校分の学生が消える ■中根 正義19 米一流大学の財務戦略 世界トップの競争力支える寄付と基金 ■片山 英治20 全国大学再編マップ 「1法人複数大」で統合進む ■木村 誠25 インタビュー 仲谷善雄 立命館大学長「日本語だけでは通用せず [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット