週刊エコノミスト Online進化する弁護士・会計士・弁理士

弁護士編 話題の“筋肉”弁護士 小林航太

弁護士の小林航太さん(右)は本格派コスプレーヤー(左、GET提供)
弁護士の小林航太さん(右)は本格派コスプレーヤー(左、GET提供)

「庶民の味方」こそ醍醐味

 筋肉美を誇る男たちが黙々と筋トレするテレビの体操番組で注目の若手弁護士に、法曹への意気込みを聞いた。

(聞き手=大堀達也/稲留正英・編集部)

 弁護士を目指したきっかけはいくつかあります。一つは中学生のころ「逆転裁判」という法廷バトルゲームに熱中し、無実の罪を着せられた依頼人を救う弁護士という仕事に憧れたからです。もう一つは、社会保険労務士だった母親から一緒に働く弁護士の話をよく聞いていて「弁護士は幅広い仕事ができる」というイメージを持ったこともあります。

 いま、弁護士としては2年目です。8人の弁護士を抱える事務所に所属し、いわゆる「マチ(町)弁」(主に地域住民からの依頼を受ける弁護士)として経験を積んでいます。大企業を相手にする大手の法律事務所へ進む道もありましたが個人的には「庶民の味方」となることに弁護士の醍醐味(だいごみ)があると思っていたので、マチ弁は自分には向いていると思いました。

残り584文字(全文996文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事