週刊エコノミスト Online進化する弁護士・会計士・弁理士

会計士編 人手不足で監査報酬は上昇傾向=伊藤歩

    「監査法人が監査先の数で競い合う時代は終わった。相次ぐ会計不祥事で、より細かい監査手続きを求められるようになったうえ、人手不足も深刻化している。小規模、もしくは高リスクの監査先を優良会社に入れ替えるため、監査報酬の値上げを持ちかけ、あえて先方から切られるように仕向けてすらいる」──。大手監査法人の現役会計士は、こう明かす。

     毎年株主総会のシーズンが近づくと、上場各社による監査法人の交代が発表される。企業で財務諸表を作成している経理部門の現場社員にとって、監査法人の交代は重い負担になる。交代すれば、また一から事業構造を理解してもらわねばならないからだ。

    残り1936文字(全文2214文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット