週刊エコノミスト Online進化する弁護士・会計士・弁理士

弁理士編 地理的表示の登録支援 農水産品のブランドを保護=大堀達也

 GIが重要になるのは日本で開発された品種が海外で無断栽培されるケースだ。例えば、ブドウでは日本発の人気品種「シャインマスカット」が中国で無断栽培されたが、海外で新品種登録しておらず販売者に対し差し止めできなかった。この点、GIは特定地域で特定の作り方をする産品に対して国が認めて保護する。もし、EUの生産者がメロンを「夕張メロン」と称して販売すればEUとして差し止めに動き、ブランドを保護する。ただ、GI登録はいまだ申請のハードルが高いのが現状だ。そうしたなか、弁理士がGIの普及支援に力を入れ始めている。

残り947文字(全文1201文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事