マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 10~12月期のGDP速報(2月14日) 2四半期ぶりのプラス成長に=白波瀬康雄

     2月14日に内閣府から2018年10~12月期のGDP(国内総生産)速報が発表される。7~9期の実質GDP成長率は内外需とも成長率を押し下げ、前期比年率2.5%減と2四半期ぶりのマイナスとなった。台風や地震などの自然災害の影響が解消され、10~12月期はプラス成長になると見られるが、成長率は前期比年率1%台の伸びにとどまり、景気回復の勢いは鈍りそうだ。日本経済の足踏み感が強まっている。

     特に、輸出の伸びが減速している。10~12月期も外需が成長率を押し下げ、3四半期連続のマイナス寄与となりそうだ。貿易統計の輸出数量指数は12月に前年比5.8%減と2カ月連続のマイナスとなり、11月の同1.9%減からマイナス幅を拡大した。地域別にみると、欧米向けは増加を維持しているが、中国向けが前年比13.9%減と大幅に落ち込んだ。半導体製造装置などを含む一般機械や、電子部品や通信機などを含む電気…

    残り630文字(全文1025文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット