マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む FRB「ハト化」は両刃の剣=藤戸則弘

     米連邦準備制度理事会(FRB)が、大幅なスタンス転換を行った。昨年12月までは、今年2回の利上げを粛々と行うことが基本方針だった。ところが1月の米連邦公開市場委員会(FOMC)では豹変(ひょうへん)した。「追加利上げには忍耐強く対処」との文言が盛られ、バランスシート圧縮についても、「予想よりも早期に終了し、維持する資産規模は大きくなる」可能性に言及した。わずか1カ月余りで方針の大転換だ。その背景には、第一に世界的な景況感の悪化がある。中国の減速は続き、またユーロ圏の景況感も一気に悪化した。米国も足元は堅調ながら、トランプ減税の剥落が想定される年後半には鈍化が警戒されている。

     第二には、株価下落による「逆資産効果」への警戒感だ。12月FOMC後には、市場を突き放したようなF…

    残り557文字(全文898文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月3日号

    勝ち残る 消える 大学16 中小私大の「大量淘汰」前夜 日大7校分の学生が消える ■中根 正義19 米一流大学の財務戦略 世界トップの競争力支える寄付と基金 ■片山 英治20 全国大学再編マップ 「1法人複数大」で統合進む ■木村 誠25 インタビュー 仲谷善雄 立命館大学長「日本語だけでは通用せず [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット