週刊エコノミスト Online大変調 企業決算

個人・訪日客消費 中国「爆買い新規制」の影=河野圭祐

    主な小売り・消費関連銘柄の2018年度と19年度の業績予想
    主な小売り・消費関連銘柄の2018年度と19年度の業績予想

    10月消費増税も懸念材料

     百貨店や家電量販店、化粧品など消費関連主要企業の業績は、大手百貨店4社はいずれも2018年度(2月期か3月期)通期予想で下方修正はなく、12月期決算の化粧品国内最大手の資生堂は、18年度に続き19年度も過去最高業績の更新を見込む。家電量販大手のビックカメラも19年8月期で増収増益を想定するなど堅調だ。

     ただ、1月に実施された中国政府による電子商取引関連の規制や10月に予定されている消費税率の引き上げによるマイナス影響を懸念する声も聞かれる。

    残り1073文字(全文1308文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事