週刊エコノミスト Online大変調 企業決算

盲点 現金なき利益計上のSBG 巨額M&Aにまい進する武田薬品=細野祐二

    国際会計基準を採用するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長
    国際会計基準を採用するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

     予想される損失は取り込むが、予想される利益を取り込んではいけない。企業の継続性を担保する観点から本来、企業会計原則は保守主義の原則がある。これは企業会計の基本中の基本。複式簿記700年に裏打ちされた人類の英知だ。

     この会計原則を厳守し、経営トップが決算をよく見せようとした場合や、無謀なM&A(企業の合併・買収)に歯止めをかける人材が、かつての日本企業にはいた。経理部長や経理担当役員だ。

     彼らは「コントローラー」とも呼ばれ、文字通り経営者が横道にそれないようにコントロールする役割だった。お目付け役が経営者の参謀をしていたからこそ、「100年企業」が存在しうるのである。

    残り1233文字(全文1520文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事